スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2011の投稿を表示しています

連絡帳アプリ ContactS

標準の電話帳は使いにくい!ということも思わないほど私には知人がいないというか・・・Facebook で連絡とれるから電話帳は使ってない!という状況だったりします。

そんな私が作るので必要な機能がよくわかりません。 みなさまのご要望にお応えする感じで開発を進めていきます。
まずはβ版として公開しました。 アイコンもβ版です(汗
ダウンロードはこちら
関連記事はこちら

トップ画面の画面キャプチャ
名前、フリガナ、電話番号、メールアドレスを検索する窓があります。 当初は別々にテキスト入力をするデザインでしたが検索結果画面で検索方法を選択するデザインに変更しました。
毎回検索するのが面倒なので、検索履歴として検索文字列、検索方法の履歴を見ることが出来ます。 グループのように複数人をまとめる機能もあるのですが、グループを作るまでもないという場合に利用します。 携帯に複数のGoogleアカウントを登録しているとグループという機能では目的の連絡先を探し出すのに時間がかかってしまいます。グループはアカウントをまたがって登録する事ができないからです。
お気に入りは連絡先に★がついているものをリスト表示します。 これは標準で必要な機能ですね。
グループ一覧は本体も含めて全てのアカウントのグループ名リストを表示します。 全てを表示すると目的のグループを捜すのが面倒だったので絞り込み機能を追加しました。 グループに登録されている連絡先数が1件以上という場合とアカウント名で絞り込みます。
なかなか画面キャプチャをのせられないのは・・・私個人の連絡先ばかりが表示されてしまうのでのせずらいですねw 加工してから掲載したいと思います。

電話帳アプリの技術情報は開発しながら掲載していきたいと思います。
まずは本日アプリを公開しましたので1回目の記事を書きました。


ちなみに画面数は多いですが MainActivity 1個の Activity だけで実装されています。AndroidManifest.xml への記載が面倒だったので・・・
どんだけ私はめんどくさがりやなのかな?ていうか自分で作るって言う時点でめんどくさがりやでは無いと思ってます

cocos2d for Android -サンプルアプリを見てみる-

[Top] ゲームフレームワーク "cocos2d for Android"
[前回] ゲームフレームワーク "cocos2d for Android"


cocos2d for Android を使うと何ができるのか?
何ができるのかも知らずに「よさそうだから」という理由だけで導入しようなんていうことは無いと思います。

とりあえず私が導入するきっかけとなったのは・・・ Java で開発できるから!!
(こんな理由じゃだめですね)


動画を見てみると面白いと思うので YouTube で検索してみました。

検索結果はこちら

検索結果の一つを貼ってみました

こういうのが簡単に作れるというのは非常に面白いですね。




github からダウンロードしたソースコードの中に cocos2d_android というフォルダがあります。
これを Eclipse にインポートすることでサンプルアプリを見ることができます。

プロジェクトとしてインポートしたら、まずはプロジェクトのプロパティ-Androidを見てください。

「Is Library」にチェックが入っています。
このままではアプリとしてインストールできないので、一度このチェックを外します。

そうすると端末にインストールできるようになります。



アプリの利用状況分析 Google Analytics SDK for Mobile

アプリの利用状況を取得する際に推奨する項目

※アプリの利用状況を取得する際はユーザの許可を得ることを推奨します。
※アプリの利用状況の取得として実際に取得している項目をユーザがわかるようにすることを推奨します。
※アプリの利用状況の送信を止めることを後からできるようにすることを推奨します。
※個人を特定するデータは取得しない、端末ごとに一意となっているデータは取らないことを推奨します。


アプリを初めて起動したとき、アプリの利用状況を送信していないとしても取得を開始するときにはユーザの許可が得られていることが望ましいのではないでしょうか

開発時に気を付けること
※本来の機能を損なわないようにすること
--> 利用状況取得時にアプリが強制終了してしまわないように気を付ける



アプリの利用状況分析を行うためには分析を行うためのデータを取得する必要があります。
開発工数を少なくする手段として Google Analytics を利用することにします。
Google Analytics ではデータが不足するという事であれば独自実装するしかないでしょう。

どの機能がどのくらい使われているのか・・・
--> どのボタンが多く押されているか
--> どの画面が多く表示されているか
--> どの地域(都道府県単位)のユーザが多いか
--> 端末の割合

など





なぜこれらの情報が欲しいのか?

欲しいと思われている機能を充実させていくことによりアプリの利用者数を増やしたい。
アプリの利用(起動)回数、起動している時間を増やしたい。
次に作るアプリのヒントとなる情報を得たいから


なぜ利用者数、利用回数、時間を増やしたいのか?

アプリの中に広告を表示しています。この広告からの収益を増やしたいから
自分が作ったものが利用されていることがうれしいから



情報源

Google Analytics SDK for Android


ダウンロード

SDK のダウンロードはこちら


導入

続きは余力があるときに書きます







ゲームフレームワーク "cocos2d for Android"

今までゲームは作ったことはなく、いざゲームを作ろうと思ったらどうしたらいいのかわからない状況です。

すべてを自分ひとりで実装するのは非常に時間がかかるし難しいだろうと思います。
ゲームフレームワークを利用することで時間を節約!

今回は Android 限定でゲームを作る、Java で開発をするという前提条件のもとゲームフレームワークを決定しました。
cocos2d for Android

メニュー cocos2d for Android -サンプルアプリを見てみる-準備中

Android アプリ向け広告会社 - 比較を始めます-

無料アプリの場合は収益源としてアプリの画面内に広告を表示するかアイテム課金を行います。
そもそも収益はいらないという開発者も多いとは思いますが・・・
開発を継続するモチベーションとしてはお金だけではないと思いますが 新しいアプリを開発するためにはそれなりにお金がかかります。
お金がかかる要素としては開発環境ではないでしょうか
新しい端末の購入費用、維持費用、パソコンとか書籍、セミナーなどなど 電気代というのもありますね
できることならば、これら費用はアプリからの収益でなんとかしたいとか思ってしまいます。

アイテム課金はゲームでよく利用されるビジネスモデルでツール系ではあまり収益源にはならないようです。
バナー広告を表示した方がそれなりの収益になります。(2011年10月現在)
どのくらいの収益になるのか? ・・・・・というのは後々トラブルになりやすい情報なので秘密です。
2011年10月現在では1クリックで6円前後という感じです。 高いところでは10円を超えるアドネットワークもあります。

私が利用している(アカウントを持っている)アドネットワークは AdMobAdMakerAMoAd(申請中、2011年10月21日現在)nend他・・・・(法人限定ですが特別にアカウントを発行してもらったのが複数)これらを比較して最も収益が高いところを積極的に利用する方針です。

AdMob が最も収益が低い状態・・・・ということでしばらくは使いません。 AdMaker も先月まではクリック単価が高かったのですが・・・・ぼそ AMoAd はAmeba App Market にアプリを出すためだけに申請しています。 nend は・・・・AdMakerよりもクリック単価が高い印象ですがSDKが無いのでローテーションなどの細かい設定は自分で実装する必要があります。
収益の比較になっていませんが・・・
今月からは AdMakerAMoAdnendこの3社を比較したいと思います。

裏でつながっているので表示される広告はどこの会社も同じものだったりするんですけどね・・・ クリック単価もさほど変わりはなかったりしますし・・・
SDKの使いやすさを比較した方がいいかもしれませんね

ちなみに AdMaker は画面表示にかかる時間に影響します。非表示にするとアプリがサクサク動くようになるので処理が重い画面では使用しないようにしています。 処理が重い画面では…

Android ロックアプリを作る - 中間報告 -

Android のロックアプリを作っています。

電源ボタンを押して画面を消した場合、一定時間経過で画面が消えた場合に再度画面を表示させた時に表示されるアプリです。

標準では指の軌跡で端末ロックを解除します。

これを作りたいということで他のアプリをインストールしてみて動きを見てみました。


ロックアプリに求められるもの

ホームボタン、バックボタンでアプリを終了させたくない通知バーは非表示、もしくは開かないようにして他のアプリに遷移しないようにしたい着信やアラームで端末画面がONになった場合は、そちらのアプリが優先されるべき
上記を解決する方法のヒント TYPE_SYSTEM_ALART もしくは TYPE_KEYGUARDFLAG_FULLSCREEN がうまく動作しないのでリフレクションで通知バーを閉じまくるSCREEN_OFF のブロードキャストでアプリを起動しておく
SCREEN_ON のブロードキャストでアプリを起動すると着信、アラームよりも前面にロックアプリが表示されてしまうその他 SCREEN_ON,SCREEN_OFF はAndroidManifest.xml の intent-filter に記述してもレシーブできないのでServiceでレシーバーを登録、Service終了時にレシーバーを登録解除するタスクキラーなどでサービスが殺されるとロックアプリが無効になってしまう通知バーを完全に非表示、開かなくする方法が見つかっていないため、通知バーから他のアプリが起動されることがあるロックアプリを解除せずに他のアプリが起動されているときにホームボタンを押すと挙動がおかしくなる他にも気にすることがいっぱい



開発工数 ※今回作ろうとしているロックアプリの場合です(仕様は秘密) 6人日程度(設計1人日、開発3人日、テスト2人日)※私が開発する場合の見積もりです

受託開発で見積もる場合は 要件定義(外部設計)デザイン費(画像パーツ作成費用)管理費その他(依頼内容によって増えるもの)80万円~150万円程度になると思われます。 ※無責任に計算した金額ですからね!



Android ロックアプリを作る -調査編 -

Android 端末のスクリーンがOFFになると端末がロックされて、
スクリーンがONになるとロック画面が表示されます。

ロック画面は指の軌跡かパスワードを入力することで解除できます。

このロック画面をアプリとして作ってみたいと思い調査を始めることにしました。

調査の方針としては


色々なロックアプリをダウンロードしてみる。それぞれのパーミッションを見てみる。

という感じです。


色々なアプリをダウンロードしてみる。

まずはロックアプリ特集とかを探してみます。

Google 先生に聞いてみよう > Android ロックアプリ
結構出てきますね。


WidgetLocker LockscreenLockBot ProFロックスクリーン



それぞれのパーミッションを見てみる。

WidgetLocker Lockscreen



android.permission.VIBRATEandroid.permission.DISABLE_KEYGUARDandroid.permission.RECEIVE_BOOT_COMPLETEDandroid.permission.EXPAND_STATUS_BARandroid.permission.GET_TASKSandroid.permission.REORDER_TASKSandroid.permission.SET_PREFERRED_APPLICATIONSandroid.permission.WRITE_SETTINGSandroid.permission.WAKE_LOCKandroid.permission.CALL_PHONEandroid.permission.READ_SYNC_SETTINGSandroid.permission.GET_ACCOUNTSandroid.permission.READ_LOGSandroid.permission.SYSTEM_ALERT_WINDOWandroid.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGEandroid.permission.INTERNETandroid.permission.ACCESS_NETWORK_STATEandroid.permission.ACCESS_WIFI_STATEcom.android.vending.CHECK_LICENSE
LockB…