サービス(ツール)について考える

遠く離れたところに住んでいる人と一緒に開発をしたい。

面と向かって企画や設計などの話を進めるのがもっとも誤解が生じにくくていいのですが、遠くはなれたところに住んでいる人と一緒に開発を進めるには効率が悪くなります。

インターネット上で提供されているツールを使用して開発を進める方法を考えたいと思ったので整理してみようかと思いました。(私の頭の中身の整理)

重要なこと

それはコミュニケーション

一番気をつけないと喧嘩別れしてしまいます。文字だけでコミュニケーションをしようとすると読み手によって違う解釈がされてしまいます。

週に1回程度でもいいと思いますので電話で話したり直接あったりしたほうがいいのではないでしょうか


あとはデータ(企画書、設計書、売り上げ)の共有だと思います。近くに住んでいたとしてもデータは印刷して手渡しよりもデジタルデータとして欲しいというものばかりです。

コミュニケーションの次に必要なのはデータの共有ではないでしょうか

アプリを同時に開発するときはファイルをメールで送るというやり方よりもリポジトリを作成してしまったほうが楽で早いです。


私は頭の整理をするときは Google docs を使用しています。


整理している最中のものを公開しますので興味がありましたら見てみてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿