スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2012の投稿を表示しています

[Mercurial][Redmine]リビジョンを見る

Android アプリ開発では Mercurial を使ってます。
プロジェクト管理では Redmine を使ってます。

存在は知っているけど使っていなかったもの・・・

Redmine で Mercurial の履歴を見ることができます。
それ以外にも色々とできるようなので、色々と試したいと思います。

Redmine では Mercurial だけではなくSVN, Gitなどの履歴も見ることができます。

スクリーンショット全体を表示したかったものの、さすがに見えてはいけないものが見えるので一部だけ

ヘッドが〜何個もできてる〜〜〜

[Mercurial] このマージいらなくないか?

Android アプリ開発では Mercurial を使用しています。 二人で開発しているときに感じるのが「このマージいらなくないか?」ってことです。

[Mercurial]ブランチを作成する

Android アプリの開発では Mercurial を使用しています。

中央リポジトリからクローンしてローカルリポジトリを作成しました。
ブランチはdefaultのみです。

ローカルで default ブランチのまま作業を進めても問題はないのですが
ログが汚れるのが嫌いなので、ローカルリポジトリでは自分専用のブランチを作成することにしました。


[Mercurial]コミットを結合する

Android アプリのバージョン管理は Mercurial を使用しています。
iOS アプリのバージョン管理は Git を使用しています。

なんで別々なんだ!どっちかに統一してよ!
というのは置いといて

コミットした後にソースコードを眺めていると、コメントを追加したくなります。
したくなるというより、コメントを追加します。

コメントを追加したらコミット!なんかログに「コメント追加」っていうのがあるのが嫌!

直前のコミットと結合してしまいたい!と思いました。

画面の下の方にある UITextField がキーボードの影に隠れる

画面上に UITextField をいくつか配置したアプリを作っています。
開発中のアプリは要素が多いので説明用にアプリを作りました。

画面の下の方にある UITextField に文字を入力しようとしたら、キーボードの影に隠れてしまって何が入力されているのかがまったくわかりません。

Android アプリも同じことがあったのですが対応方法は簡単です。慣れているからだけかもしれませんが・・・

iOS アプリではどうやって対応するのかを調査しています。といっても検索したらすぐに見つかりました。

参考 : キーボードが表示されたときに画面を動かす
実際に自分で作ってみないと理解できないので、上記ページを参考にしながら作って見ることにしました。


バーンダウンチャートをごまかしてみました

スクラム開発の手法を個人アプリ開発に取り入れてみました。

個人アプリということで、チームメンバーは私一人です。
取り入れたのは「かんばん」と「バーンダウンチャート」です。

自分の思考が一番の敵でした。今もですね

アクションシート(UIActionSheet)を表示する

参照
UIActionSheet Class Reference
UIActionSheetDelegate Protocol Reference

前回の記事ではUITableViewのセルがタップされたイベントをとれたので、今回はタップされたらアクションシートを表示するというところまでやります。


UIActionSheet *actionSheet = [[UIActionSheet alloc] initWithTitle:@"表示したい情報を選択してください" delegate:self cancelButtonTitle:@"閉じる" destructiveButtonTitle:nil otherButtonTitles:@"項目1", @"項目2", @"項目3", nil]; // スタイルを設定 [actionSheet setActionSheetStyle:UIActionSheetStyleDefault]; // アクションシートを表示 [actionSheet showInView:self.view]; // リリース [actionSheet release]; アクションシートを表示するというところまでは上記のとおり


アクションシートを閉じるためのボタン名 cancelButtonTitle:@"閉じる" アクションシートの一番したのボタンでほかのボタンとは色が異なる

アクションシートの一番上に表示される赤いボタン名、今回は使用しないので nil を設定しました。 destructiveButtonTitle:nil これもアクションシートの一番したのボタンでほかのボタンとは色が異なる

上記2つのボタンに挟まれるボタン名 otherButtonTitles:@"項目1", @"項目2", @"項目3", nil]; 必要な項目名を並べて最後に nil を書く
デリゲートに self を設定 delegate:self self を設定するのでUIActionSheetDelegate プロトコルを実装する
// アクションシート選択時の処理を…

UITableView のタップ処理

UITableView Class Reference
Table View Programming Guide for iOS

やりたいことは、UITableView のセルをタップしたら何かしらの処理をしたい。
何かしらっていっているのは私が初心者すぎて、iOS の言葉を知らないからです・・

セルをタップしたら、画面の下からずるっとビューを表示したい
次にやりたい処理のボタンをいくつかと、そのビューを閉じるボタン

アクションシートっていうのかな?

ページトップのリンク先を参考にしながら実装してみようと思います。


音量設定 dVolume キャラ勢ぞろい

本日ようやくNo.10まで公開できました。

音量設定 dVolume は No.10 で終了です。

No.3からNo.10のキャラ(No1,2 はキャラなし)を並べてみました。



今後は機能追加や各アプリに新キャラ追加を行なっていきます。

ダウンロードは下記ページを御覧ください。
http://apps.caldia.org/apps






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
キャラクタ画像は松田が書いたものではありません。
よく聞かれるので・・・・

音量設定 dVolume No.10

音量設定 dVolume シリーズ
http://apps.caldia.org/apps


現在、音量設定 dVolume No.10 の仕上げ作業を行なっています。
リリース予定は7月中だったのですが、8月にはいってしまいました。


リリースが遅くなっているのは、アプリの配色が決定できずにいるためです。
現在、検討しているのは2つの配色です。どちらにしようか悩み中



配色テーマ
 左:美味しそうな
 右:気楽な

左だと色がこすぎるんじゃないかな?右だと渋い感じがする・・・
悩んでいる内にリリース予定日をあっという間にすぎてしまいました。
今週末にはリリースしますのでご期待ください。