成功とは何か

理念

人の未来を幸せにする。 それに少しでも影響できる存在となるサービスを作りたい 

成功とは何か


DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー別冊2012年4月号

My Personal Kaleidscope

「幸福感」「達成感」「存在意義」「育成」
これらがバランスよく満たされていることを成功と考えるということが書かれていた。

仕事で達成感が得られたとしても必ずしも家庭もうまく行っているとは限らない
達成感だけを追い続けてしまったがために「家族と仕事どっちが大事なの?」なんて言われてしまう。その質問については色々と意見はあるだろうけど、家族も大切にしてよ!という意味で受け取って、どちらか一方を選択しろ!ってことではないと思う。

それはいいとして

4つの要素を満たすと言っても具体性がない。だから、少しだけ具体的にするために理念を考えました。具体的すぎないようにというのも考えました。


人の未来を幸せにする
それに少しでも影響できる存在となるサービスを作る


私の得意分野はスマートフォン(Android, iOS) のネイティブアプリです。ネイティブアプリだからと言ってサーバー側も必要なので、画面しか作れないというわけじゃない。

人の未来を幸せにするためには何をすればいいのか
どういうコンテンツを提供すればいいのか
私が作ったもの、関わったもので不幸になってしまう人がいてほしくない。

エンドユーザーが幸せになっても開発者が苦しんでしまったらそれは失敗だと思う。
最近話題になったコンプガチャのようなものも好きではない。それは今が幸せだけれど未来が幸せとは限らないからだ。携帯電話やクレジットカードの請求を見るのが怖い・・・なんていうことになるのは嫌だ。後払いというのは借金と同じだし、借金は気分のいいものではない。

音量設定アプリをメンテナンスし続けているのは技術調査が目的なんだけれども、このアプリは人の未来を不幸になんてしないと信じている。かと言って幸せにできるかはわからない。

なんだか、色々と悩むけれども人の未来を幸せにするっていうのは難しいテーマだと思う。ただ、こういった理念を作ることは誤った道に進まないようにするためでもある。

お金は欲しい、だけれどもお金が得られるだけでは成功とは思えない。
仕事にばかり集中して家に帰るのは日付が変わってからということが多い時期があった。自宅に行き、会社に帰るって感じで幸せでもなんでもない。

4つの要素をバランスよく満たすということが大切なんだと強く思う。

Caldia Apps は企業ではないけれど、企業みたいに理念を持っていてもいいんじゃないかな。この名前で出すサービスは理念を守ったものにしたい。

まとまりのない文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿