[cVolume next] アラーム音量、メディア音量

Android アプリ 音量設定 cVolume next

ハードウェアキーでリンガーモードを変更した時に Android の仕様では着信音量と通知音量、システム音量が変更され、アラーム音量やメディア音量は変更されません。

本アプリはハードウェアキーや他社アプリによってリンガーモードが変更になったときに、アラーム音量、メディア音量も変更する機能を追加しています。


どいう仕組みなのか



標準モードのときの最後に設定された音量を保存しています。リンガーモードがサイレント、バイブモードに変更された時のアラーム音量、メディア音量をゼロに変更します。これが cVolume next を起動して行われたときは、サイレント、バイブモードボタンが押された時のアラーム、メディア音量を保存しています。

次に、サイレント、バイブモードから標準モードに変更された時に保存されていた音量が適用されます。

cVolume next を起動せずにハードウェアキーによってリンガーモードを変更した時も上記の仕様の通りに動作することはテストを行い確認しています。しかし、他社アプリによってリンガーモードが変更された場合はお互いの干渉を避けるために cVolume next では一定時間はリンガーモード変更を無視しています。

他社アプリを利用している方は大変申し訳ございませんが想定した動作に鳴らない可能性があることをご了承ください。

干渉によって無限ループとなり必要以上の電池消費を避ける事が目的です。また、本アプリを審査した企業様の指摘により機能を削除したことにより以前バージョンとは異なる動作となってしまっています。多くの方に安心してご利用いただくために審査をしていただきました。


今後のバージョンアップについて

計画されているバージョンアップはありませんが、ユーザー様からのご要望を頂きバージョンアップを行なっていきます。

また、通知音量を分離する機能については調査し開発を進めていますが公開時期は未定です。


0 件のコメント:

コメントを投稿